返金制度と電話相談できるクリアネイルショットで爪水虫を治療

爪水虫を患い長年悩んできた私

私は67歳になる男性です。
水虫の1つである「爪水虫」を患ってしまい長年悩んできた一人ですが、足の水虫について一般的に爪水虫になると市販薬では効果がないと言われていますが、ネットの口コミでは、市販薬で治ったという方が多く、爪水虫を市販薬で治している人たちも結構いる様で、普通の水虫とは違い、治療にも時間がかかってしまいます。

爪水虫は、足水虫と同様に白癬菌(はくせんきん)に感染してしまっている状態で、この白癬菌が爪の中にまで感染してしまうことによって、爪水虫になってしまうのです。
爪水虫になる人の多くは、足の親指の爪が感染しますので、自分の足の親指を確認して見て、爪が白くに濁っている、または変形している、ボロボロになっているのであれば白癬菌に感染している可能性があると考えたほうが良いでしょう。

私も市販薬で治した一人で爪水虫に効果的な市販薬を紹介したいと思います。

爪水虫の保険適用のある飲み薬(内服薬)には「グリセオフルビン」「テルビナフィン」「イトラコナゾール」の3種類あり、どれも副作用があり、妊娠中や肝臓が弱い方には処方されず、処方されるには血液検査が必要になって、その結果によっては処方されない場合もあります。

爪水虫の市販薬の選び方は「浸透力」に注意することが重要で、水虫の原因菌の白癬菌というカビの一種を死滅させることにより水虫は完治しますので、皮膚の角質層に潜んでいる白癬菌が爪の内側に潜んでいる状況なので、市販の水虫薬を塗ったとしても爪が邪魔になり有効成分が白癬菌まで届かないという状態になります。

爪水虫を治す場合には、有効成分が爪の内側にいる白癬菌まで届くものを選ばないと爪水虫に効果が無く完治することはありませんので「浸透力」に関連することはとても大切なのです。

全額返金制度がある市販薬クリアネイルショット

私が用いた「浸透力」を重視した爪水虫におすすめな市販薬はネットで見つけた、東証一部上場企業の「北の達人コーポレーション」が開発した爪専用の浸透力特化型ジェルの“クリアネイルショット”で販売価格は1か月1個使って3,300円(税別)です。

“クリアネイルショット”がその他の爪水虫薬と違うポイントは爪水虫の治療に1番必要な「浸透力」に特化されていて、爪水虫に詳しい専任の健康管理士に電話で相談しながら治療を進めることができ、嬉しい使用後の全額返金制度がある点です。

私は、クリアネイルショットを用いてみて、特化している浸透力の効果を強く感じ、使って4ヶ月でかなり治すことが出来ました
使い始めて約2週間経過ごろから、現状の進行が抑えられているのが目に見えてわかるようになってきて、1ヵ月、2ヵ月と時間の経過に応じて変化を徐々に感じていきました。
これは、浸透力に特化していることが理由として挙げられるかと思います。

専門アドバイザーと電話で相談しながら治療

また、クリアネイルショットは、専門のアドバイザーと電話で相談しながら治療を進めていけるので、まるで通院しているかの如く嬉しいシステムで、さらに自信があるからこその全額返金保証という、使用して効果がなかった場合は返金してくれる制度まであるのです。
この様な理由から私は、爪水虫でお悩みの方に市販薬のクリアネイルショットを強くオススメします。

爪水虫が足水虫よりも厄介だと言われているのは、爪水虫は、他の人に感染してしまうからで、患っている方は白癬菌を貯蔵する役割を担っているわけですから、他の人にも水虫を感染しやすくしてしまうのです。
周囲の人への悪影響を考えると、できる限り“早急”に爪水虫は治療することが大事ということなのです。